第21回/第22回長岡CS

2日間出ました

■第21回長岡CS

使用 赤白ブランド

1回戦 赤単ブランド ✕

相手のソニック轟轟轟罰怒に悶絶してたけど
フォースから何とか返す。2体目の轟轟轟が
トップしちゃってそのまま負け。

2回戦 赤白レッドゾーン 〇

ミクセル立ててぺちったら勝ち

3回戦 白緑ビッグマナ 〇

オーリリア立ててぺちったら勝ち

4回戦 5Cジョリー ✕

トリガーいっぱい踏んで最後のサイゾウから
テック踏んじゃってサファリジョリー負け。

5回戦 黒緑ドルマゲドン ✕

メメント踏んでからずるずる行って負け

6回戦 赤黒墓地ソース

GTクロスファイア負け

2-4フルボッコで2日目。

■第22回長岡CS

使用 青単ムートピア

センサーは間に合わなかった。

1回戦 ジョーカーズ 〇

呪文いっぱいスコーラー〆

2回戦 5Cオボロティガ 〇

コバンザ生き残って〆

3回戦 青魔導具 〇

コバンザ生き残って〆

4回戦 赤青覇道 〇

後3シェイパー▶コバンザで生き残って〆

5回戦 白緑ビッグマナ 〇

呪文いっぱいスコーラー〆

6回戦 赤白ブランド ✕

展開されてフルボッコ

4位で予選通過

本戦 1回戦 赤青覇道 ✕

先3シェイパーから相手のマグナムルピア。
1コストあんまり引けなくてフレア持ってたら打つやろでラッキーナンバー4。シャッフだけ警戒する。
相手が1枚良く分からんけど割ったので
やったーって思いながら呪文撃つもラスト1枚の
1コストが引けなくてコーラリアン展開。
ターン返したら相手シャッフ1宣言。
鬼面要塞化させてコバンザ立ててラッキーナンバー5
フルアタックかけてラス盾クロックターン返す。
相手返しにシャッフAT8宣言から1枚割り。
何とかスコーラー繋げようと思って呪文撃つも
見えてこなくてしゃあなしコバンザ行ったら
絶望のハヤブサ。フレア轟轟轟シャッフ8宣言から
めっちゃ展開されてそのまま負け。

残念1没。3月はもうCS出ないかも。

第62回/第63回デッキィCS

新制限です。
初日はムートピア。2日目は赤青覇道。
どんなもんなんやろって使ってみました。

第62回

1回戦 赤青覇道 〇

3t,4t共にミニロボが立ち投了しようと
トップ引いたらシンクロスパイラルだったので
もう少しやってみるか!と思いながら
相手のプレイがイカれてるお陰でロングゲームに。
8マナからコーラリアンやギルーギリンを出して
遅延しながら相手が展開した所をディールで返す。
ブランド2体出てきて負けーってなったら
ターン返してくれたので涙の11マナスコーラー。
殴ったら投了してくれたので勝ち。

2回戦 青白緑チェンジザ 〇

上からコンチェルトで勝ち。

3回戦 ジョーカーズ ✕

スコーラー引けなくて返しにフルアタック行ったら
バイナラで止まっちゃう。マンハッタンで負け。

4回戦 ジョーカーズ ✕

タイソンチェンジぽくちんから小型でペちられて
そのまま何も出来なくて投了。

5回戦 青単ムートピア 〇

先にスコーラー出されたけど展開は無し。
こっちが展開して1t待って勝ち。

6回戦 赤緑不死鳥NEXT ✕

不死鳥からドラゴ大王。シンクロスパイラルで
返したら不死鳥で鬼丸覇。死。

3-3でタコられて2日目。

第63回

1回戦 赤青白覇道 ✕

白関係なしで普通に先攻の強い動きされて負け。

2回戦 赤青覇道 〇

先攻で強い動き出来て勝ち。

3回戦 ジョーカーズ ✕

事故ったとこマンハッタンで負け。

4回戦 赤白ブランド ✕

オーリリア無かったけどフレア0で負け。

5回戦 白単天門 ✕

AQCでめちゃくちゃにされて負け。

やる意味無いなーってなってドロップ。

馬鹿ほどボコられた2日間でした。
再来週は長岡行きます。

第61回デッキィCS

墓地ソース借りて出て来ました。

予選6回戦の16上がり

1回戦 ジョーカーズ 〇

死を覚悟してたらゴーワンが捲れて捲った。

2回戦 赤青覇道 〇

GT複数体クロスファイア

3回戦 赤白ブランド 〇

相手のワンパンからプライマル踏んでもらって
後攻3t目に無事GTが着地して勝ち。

4回戦 赤青白チェンジザ覇道 〇

GT×3+クロスファイアでフルアタック行ったら
オリオティスジャッジ踏まなくて勝ち。

5回戦 赤青覇道 〇

GTクロスファイアバルチュリス〆

6回戦 白単天門 ×

ヘブンの衝撃とAQCで滅茶苦茶にされた。

予選3位で抜け

決勝トーナメント

1回戦 青単ムートピア ××

1本目はシェイパーから捲れたカードが
強すぎて思考停止した。
2本目は鬼面3枚貼られて思考停止した。

16終わりで来週はCS行かないから今シーズン〆
大して勝てませんでした。来シーズンは
デッキィ/長岡からスタートするので頑張ろう。

CS出ました新潟編

地獄だった職場を離れ有給消化中...
就職活動の途中ですが土日にやれる事は少なく
4回CSに出てきました。

①第58回デッキィCS

使用 黒単デスザーク

1回戦 黒単デスザーク ✕

同型のブン回りは凄い!

2回戦 赤青白バスター 〇

3tデスザークは凄い!

3回戦 赤青バスター ✕

ジャックアルカディアスは強い!

4回戦 赤黒バスター 〇

3tデスザークは凄い!

5回戦 青単ムートピア ✕

コバンザは強い!

6回戦 青白緑チェンジザ ✕

ラビリピトから捲れるバイケン。強い!

2-4フルボッコで迎える2日目。
使用はTwitterで見つけた赤青覇道。
1日目も準優勝だし強いらしい!

②第59回デッキィCS

1回戦 4cガードホール 〇

小型並べてシャッフでペちったら勝ち。

2回戦 赤青覇道 〇

先にクロック踏めて殴り続けて勝ち。

3回戦 赤青白バスター ✕

チュリスバスターレティーシャ!
僕の盾にはトリガーは無い!

4回戦 ジョーカーズ ✕

ぽくちんちん回され続けてGWDも上手く
ケアされてしっかり2体目のジョラゴンまで
待って展開される。クリメモでクロック無い事が
分かったのでお片付け。ぽくちんは強い。

5回戦 赤緑NEXT 〇

ヒビキでブースト止めてフレア覇道ブランドで
突っ張ったらバトクロス。返しにモルト覇から
ジュダイオウでの2パンでクリメモクロック。
ブランド回収から後続のSAも引けてハッピー。

6回戦 白零サッヴァーク 〇

フレア覇道ブランド〆

価値の無い4-2をキメて今週へ。
長岡CSでも使うのは赤青覇道。
GWDとヒビキを切ってシャッフのみで
青単ムートピアと戦う強い覚悟。

赤の2コストが積みたくてこたつむり。
ドルガンチュリス止めたいから...

③第20回長岡CS Day1

1回戦 青単ムートピア 〇

ゼノシャーク着地からフレア覇道の連打。勝ち。

2回戦 ジョーカーズ 〇

フレア覇道ブランド〆

3回戦 ブライゼシュート 〇

フレア覇道ブランド〆

4回戦 黒単デスザーク 〇

ゼノシャーク着地からフレア覇道ブランド〆

5回戦 赤黒デッドゾーン

フレア覇道ブランドブランド〆

6回戦 黒緑デッドゾーン

引けない間にデスマッチ複数メメント設置負け。

5-1で予選上がり

本戦1回戦 黒単デスザーク ✕

相手のデスザークの着地にフレア覇道ブランド。
デスザーク処理から次ブランドでワン~って
所に吸い込む。5枚から見えずこたつむり回収
自ブランドバウンスこたつむりブランド。
都合良くブランドは引けず。しっかり詰められ負け。

1日目で青単ムートピアが少ない事や
こたつむりがまったく機能しない事に気付き
もっと2ブロックみたいなのに寄せようって
なってシャッフも不採用。青単ムートピアの
オニカマスは弱いって誰かから聞きました!
周りの人達が赤青覇道使うって言ってたので
僕だけズルして末法チュリスも積みました。

④第20回長岡CS Day2

1回戦 青白黒ハンデス

ハヤブサとガロウズは凄い!

2回戦 赤青黒墓地ソース 〇

小型でぺちってたらGT。
返しフレア覇道ブランド〆

3回戦 青単ムートピア 〇

やった!オニカマス不採用だ!って
フレア覇道から殴ったらクロック。
返しに入られなくて感謝のオールイン。

4回戦 赤黒デッドゾーン

ゼノシャーク着地からクロックあるの分かって
そこからは殴り続けて相手何も無くそのまま勝ち。

5回戦 赤青白バスター 〇

ゼノシャーク着地からクロックが埋まってるのも
分かったので一気に殴り続ける。ホーリー踏んで
返しちゃったけど何も無かったので勝ち。

6回戦 青単ムートピア 〇

しっかり見えるオニカマスゴルドーザ2打点で
返したら相手は引けなかった。感謝のオールイン。

5-1予選上がり。青単ムートピア増えてて顔真っ赤。

本戦1回戦 ジョーカーズ 〇

はいフレア覇道ブランド〆って2パンしたら
バイナラドア2枚踏む。クリメモで確認したら
クロックは2枚盾に(※カス過ぎて3枚だと思ってる)
ジョラゴンにデッドソードとかでむちゃくちゃされて
ダメだーって思ったら小型でクロック踏んでくれる。
返しに感謝のゴルドーザブランド。1点刻んで
終わりや...って思ったらそのワンパンからバイナラドアを踏む。マンハッタンからジョラゴンjoe+バイナラドアで盤面をめちゃくちゃにされクロック2枚受けてもトップSAじゃなきゃダメかって確認したら
クロックとゴルドーザ。マナにあったの忘れてた。
今度こそセブンスセブンも踏まずに勝ち。

本戦2回戦 赤単ブランド 〇

相手の事故で助かるも覇道が足りない。
SA引かれたら負けって所で相手のトップは
スチームハエタタキ。感謝のオールイン。

準決勝 赤青覇道 〇

小型でぺちぺち殴ってたら相手がフレアを
除去に1枚使ってくれる。そのまま殴り続けて
勝ったーって思いながらオニカマスで〆...
相手も悶絶してたし片付けよ!って思ったら
15秒後ぐらいにハヤブサマルが飛んで来る。
オニカマス盤面に消えて一瞬死んだと思ったけど
フィニッシュまで行けなかったみたいで勝ち。

決勝 青単ムートピア ✕

後攻3t目にクロック出してたら負けた。

???「流石にリストゴミ。青単に勝つ気ないだろ?」

2位潟。青単全切りはやり過ぎました。
他への勝率は上がった気がするので良いんですが。
明日は面接です。頑張ります。

甲信越エリア代表戦 調整/考察/黒単デスザーク

本日は参加された皆様お疲れ様でした。

GP7th終了後、このまま終わりたくない!と
2ブロックの調整を続けました。
一緒に行動した身内が2位と4-2予選落ち。
僕自身も4-2で予選落ちしましたが限定構築の
ブログはしっかり書きたいと決めていたので
結果は出ませんでしたが更新させていただきます。

今回はGP7thで行った多人数での調整の失敗を
踏まえて少人数(3人)で調整を行いました。
何か決めていた事は特にありませんが遠慮せず
意見を出す事と新規アーキタイプの作成だけは
やらないという事が自然にですが決まりました。

■各アーキタイプの最終的な印象

①赤青覇道

トップメタ。
フレア経由からの轟轟轟も強い強い。
トップから雑にゴルドーザ投げれるし
小型を殺してアド稼げるGWDも強い。
同型戦のためにモルガラ/朧/GWD辺りを減らして
自由枠を作りとにかく回しましたがクロックに
依存するゲームが殆どだったので妨害に焦点をあて
轟轟轟をボトムに送れるポクちん。カマスを焼ける
ゼンメツスクラッパーに枠を譲りました。
ラスキングはあんまり回せてないので
大した事言えませんが先にクロックを割りに
いけるのは強いなみたいな印象でした。
アーキタイプは赤青覇道を中心とした印象を
書こうと思います。

②白零サッヴァーク

覇道を破壊以外の方法で除去する事に注目。
最後の最後で集結が物凄く強く絶十から一気に
アドバンテージを叩き出せると気付きました。
穿でカマス以外も除去出来ますしギラメシアが
着地すれば覇道が出し辛くなる。
絶十のおかげでキラゼオスが早期着地出来るように
なった事でミクセルが生きやすくなったのも
Goodでした。後述する反省点のせいで
赤青覇道はまったくこのアーキタイプに勝てないと
結論付けましたがデッキ選択としてはかなり
丸いアーキタイプだったと考えます。

③黒単デスザーク

一定数いるだろうからプレイの練習用に
残しておこうという程度でしたが前日に
今環境のメタゲームを結論付けてから使用候補に
復活させました。基本的にトリガーはドゥグラスと
あってもスパイナー。トリガーではありませんが
グスタフへの最後の抵抗や赤白のヘブンズフォースに
対してZEROハンドと破壊除去しかないため
最速フレアから轟轟轟が絡むとまったく勝てず。
グリペイジも前から何度かやってはいましたが
GWDの的作って終わりやんこいつみたいな
感触でした。というわけでかなり赤青覇道に
対して勝てないので否定的でしたが
GPの時にドゥリンリ▶グリギャン▶ラビガリュで
ボコボコにされた記憶を思い出しドゥリンリから
入ればGWDで壊滅してアド取られても何とか
なりそうやん?と1つの勝ち筋を言語化出来る所までは
やりました。今回の自分の使用アーキタイプです。

④ジョラゴン

もしかしたら強いかもとループ/4x10/無視サイコロの
構築をコロコロ変えながら赤青覇道と回しましたが
マンハッタンからクロック踏んだり踏まなくても
最後の最後で踏むと結局返せなくてガン不利。
サッヴァークにもデスザークにも強い!!って
訳では無くてこれで優勝は無理じゃないか?と
切りました。甲信越で使ってる方々は何で使ってるのか不思議なくらい自分達じゃ使う気が起きず。

⑤轟轟轟ブランド(赤単/赤白)

こっちも何故一定数いたのか分からず。
滅茶苦茶な引きで突っ込んでもクロック1枚から
オーリリアが絡んでいなければ平気で負ける
アーキタイプだったので赤青覇道が強いっていうのを
明確化させるために回していましたがいつの間にか
フェードアウトしました。昔みたいに轟轟轟じゃなくて罰怒tクロックみたいな方が強いかも。

⑥グスタフループ

ロングゲームに持ち込めれば殆ど有利。
赤青覇道と殆どやってなかったんですけど
⑤のブランドみたいなのと当たらなかったり
赤青覇道に滅茶苦茶なムーヴされない限りは
予選さえ抜ければ強いって印象でした。
まあそんなにおらんだろうし当たったらしゃあない
って考え方で僕達は切りました。

■メタゲームの捉え方

①九州大会前

「赤青覇道が強い」で一致しました。
Twitterで強そうなリストが公開されていて
すぐに回し始めましたが明確に不利なデッキが
他のアーキタイプに勝ち辛そうだしツインデッキが
出るまではこれでいいんじゃないか?と言うのが
僕らの考えでした。

②九州大会後

特に意見は変わらず。ジョラゴンが勝ったのは
予想外でしたがぶれることはそこまで無し。

③東北大会後

北東北が赤青覇道ばかりだったと聞いて
信越でピークに達するかこれに強い
アーキタイプが増えるのかなって考えました。
南東北でデスザークが勝ったのも正直予想外でしたが
予選免除なども考えると許容範囲内。
前日の昼まで赤青覇道の選択を決めました。

④前日

ラスキングが同型に強いのか試してから
寝るかなーなんて考えてたら身内から1つのLINE
「絶十サッヴァークに全然勝てない。」
旅館に到着した後に急いで回したら確かに勝てない。
赤青覇道使う気全開だった所に陰り。
風呂に入ってる時に覇道vsサッヴァーク
サッヴァークvsデスザーク 覇道vsデスザーク
この3つをちょっとだけやって決める事に。

最終的に出した結論はこちら

1.ミラーは全タイプ不毛(デスザークのみプレイ出る)
2.赤青覇道が強いから赤青覇道を使う人がいる
3.サッヴァークが赤青覇道に強いから使う人がいる
4.デスザークがサッヴァークに強いから使う人がいる
5.赤青覇道に有利気味なアーキタイプを使う人がいる
6.大穴でグスタフループがいる

身内2人が出した結論は3の白零サッヴァークの使用
僕が出した結論は4の黒単デスザークの使用でした。

■使用理由

1.赤青覇道のミラーをやりたくない
2.サッヴァークに勝ちたい
3.トリガービートに勝ちたい
4.赤青覇道は東北より少ない

それでも最後の最後までデスザークの使用は
悩みました。サッヴァークが強いまで読み切らず
純粋に強い赤青覇道が強いと使用するプレイヤー
デスザークが増えるまで読んで赤青覇道を使用する
プレイヤー。この両者のどちらに当たっても
同じ赤青覇道なのでメタ読みが大失敗する
可能性があったからです。悩んだ結果
「赤青覇道のミラーとサッヴァークに負けるなら」
とデスザークを使用する事に決めました。
前述のようにドゥリンリ▶グリギャンとかなら
GWD誘ってラビガリュとかなるべく速く
デスザーク立てられればヴォーミラだけ変な
タイミングで出して除去されてリソース切れない限り何とか赤青覇道には取れそうだと2人に共有。
ちょっと強いムーヴでも大分しんどいですけどね。
何よりもサッヴァークにサッヴァーク2種立てられて
ひたすらに紋章撃たれなければ大分有利だったのは
魅力的でした。サッヴァークDG型だと無理矢理
着地させられたりしてましたが今回多いと
思っているのは絶十型。そんなに心配はしませんでした。後は赤青覇道に対して白零サッヴァークで
ぶつかりに行くのではなくトリガービートを
(青白サッヴァーク)持ち込む人間もいるかもと
東北大会後に3人で話していたのでそこにも
ラビガリュがぶっ刺さってくれる事を期待しました。
デスザークというアーキタイプの全てを理解した
訳では無かったです。ただ今回自分は
「やりたいことをやるデスザーク」を意識して
物凄い安直でしたがドゥリンリ4に賭けました。

f:id:YuunagiUnagi:20181127211821j:plain

リストは大分甘かったと思います。
デスザーク3のガリュザーク4とかも夜中
考えてましたが流石に無いかと却下しました。


■結果

1回戦 赤白ブランド 〇

2回戦 青黒グスタフループ ×

3回戦 青緑ゴクガサイクル 〇

4回戦 赤青覇道 ×

5回戦 赤単tクロックブランド 〇

6回戦 赤単ブランド 〇

2回戦で諦めていた青黒グスタフに負け。
4回戦の赤青覇道は何も出来ずに3t目に負け。
ブランドと当たる事が多く赤青覇道にも
負けたので結局下位卓って感じのゲームに
なってしまいました。

■反省点

赤青覇道vs白零サッヴァークのプレイが
間違っていた事に気付きました。
カマスからひたすらに紋章をパンチする
ゲームだと思っていたのですが実際は覇道を
溜めてカマス並べながら連打していく方が
よっぽど強かったです。使いたくない理由の1つに
ミラー戦を挙げていましたがダメだサッヴァーク
どうしようも無いわっていうのでは無かったんだと
デッキ選択する際のミスになってしまいました。

去年のエリア戦よりは意志を持って参加出来ました。
それでもメタゲームに対してはっきり結論づけたのは
前日の夜。せめて2日前にはちゃんとしたいですね。


最後になりますが関わっていただいた全ての皆様
本当に有難う御座いました。

第18回長岡CS

予選6回戦16上がり

通常環境に触れてない期間が長かったんですけど
色んな人と2ブロックの話したくて遊びに。
使用はデスザーク。

■予選

1回戦 青白緑チェンジザダンテ 〇

相手のハンドが良くないとこ並べて殴って〆

2回戦 白零サッヴァーク ×

防鎧処理出来なくて負け。

3回戦 赤白黒デッドゾーン

クリーチャートリガー踏まなくて勝ち。

4回戦 赤黒バスター 〇

デスザーク立ててからラビガリュ。
ドゥポイズでガリュの自壊続けてラビ効果。勝ち。

5回戦 赤青バスター ×

先攻3tバスターテイナーで粉々。

6回戦 青白黒ミラダンテ 〇

ラビガリュ決めてほっとしてたら突然の
オリジャにイカれるも相手そこから弱くて
もっかいラビガリュ決めて展開して勝ち。

4-2予選落ち。次の記事は来週のエリア以降。

GP7th 考察/調整/青赤緑チェンジザ覇道

反省点も含めて過去1度もしっかりと大型大会で
自分の考えを書かなかったんですけど
限定構築だし流石に真面目になろうって思って
5-3で沈んだんですけど書きます。

3rd/4th/5thは赤黒バスター▶NEXT×2だったし
何も考えてないってのと一緒だったんですよね。

CSの結果全然書けてなかったんですけど
直近で出たCSがチーム2-5と個人3-3と奮わず。
どちらも通常だったのでいよいよGPだと
調整を開始する事に。

ただ暫く2ブロックに触れておらずメタゲームの
把握がまったく出来ていなかったのでCSヒストリーで直近のCSでは何が勝っているのかをチェック。
その中で注目していたのがブランドでした。
実際回して見た所まあ強い。轟轟轟▶轟轟轟が
ストレスMAXまで連れて行ける所は魅力的でした。

「ブランドが1番強いからブランドでいいよ。」
そんな事を身内に伝えながら通常構築ですが
会津若松CSで赤単ブランドを使用。
赤白ブランドに負けるのは別として予想以上に
先攻後攻での同型での勝率の差が激しいと
感じました。なんかこれ2ブロックでも同じ事が
起きそうだなと一旦ブランドの使用を断念。
いくつか結果を出していたアーキタイプ
一通り回すことに決めました。

■メタゲームの捉え方

結論から言うともう一個先のメタゲームを
想定するべきでした。それと同時に情報戦で
他地域に負けてる事を前提に調整をしました。
凄い言い訳なんですけど開き直りました。
話が逸れてしまいましたが、今回のメタゲームは
「ブランドを中心として回るが最大母数はブランド」
もうここから考え動かすと失敗するって数日前に
結論付けました。殆ど1人で考えていたし
○○って強いですか?とか○○強いらしいよで
殆ど進まなかったのもあって練度で100%勝てないからボコボコに負けたら自分の理解度が
低いせいだよで納得することに決めました。

メタゲームのイメージは2017エリア前半です。
「ビートジョッキー以外に勝てるデッキを
使うほどビートジョッキーに勝てなくなる」
これをブランドに置き換えた感じです。

そんな事は無くて準備戦では遅れを取りました。
今回の自分の中で大まかに考えていたのが

①ブランド強いからブランド使おう
②使うデッキ決まらないからブランド使おう
③ブランドには勝てるデッキ使おう
④ブランドに勝てないけど他に勝てるデッキ使おう

④の理由でアーキタイプ選択を行った人にだけ
当たるのが物凄い嫌だったんですけど
ブランドには不利だけど出来るだけ寄せて
他にも勝てるデッキ使おうって決断出来るbye持ちの
方々がいた事に気付くのは前日でした。

■各アーキタイプの印象

①轟轟轟ブランド

今大会最大母数だと認識していたアーキタイプです。
相手が使う轟轟轟は最強!ぐらいまで考えました。
会津の経験から絶対使いたくないと思ったので
自分は切っちゃいました。

②ジョラゴンジョーカーズ

やけに身内に最大母数に近いと言われた
アーキタイプです。少なくともbye持ち以外で
使うプレイヤーは少ないだろうし他に勝てる
タイプを聞いても????だったので断念。
恥ずかしい話ですがループ方法覚えてませんでした。

③青赤緑チェンジザ覇道

ソーナンデス+ドンジャングルのデザインに注目。
緑でパワーカードを得た事がモチベを上げました。
...がデスザークへの勝率が悪い。無限に
チェンジザ引いてるならまだしもGWD以外で
リソースを稼ぐ方法が少なかったので使うなら
デスザーク切るしかないかってのと同型に
オニカマス、覇道を除去出来るカードを積まれていると負けそうなので選択するならガッツリ回さないと
ダメなアーキタイプだなと思いました。

④デスザーク

今大会上位に採用されていたスパイナーは
「スパイナー積むぐらいならデスザーク使うの辞めないか?」って言ったらスっと意見が通ったので
そうなんだろうって判断してたら間違ってたんだなと
思いました...がこの段階では後攻取ったらブランドに
絶望しそうだからって一瞬で切り捨てました。
覇道に勝てる事はちゃんと認識していました。

⑤サッヴァーク

白単から入りましたがリストが弱いからか
白零に勝てないっていうのが僕らの考えでした。
ただ覇道がこれに覇道連打してなおかつ
ギラメシアが出る表3にすることを許しては
いけないっていうので覇道を使うと決めてからは
大分気になってはいました。京都CS分布で
その母数が出てからは絶望しました。
ただ1つ思っていたのが白零だとブランドに
さっくり落とす時あるなこれっていう所です。
初戦ブランドで負けるプレイヤーいそうやんと
覇道vsサッヴァークの問題から目を背けました。
(※この時bye持ちがデッキ選択の幅が広がる事を
認識していません。)
強そうだけど練れないからって自分は却下。

この5つのアーキタイプに絞って選択することに。
最終的に決めたのは③の青赤緑チェンジザ覇道です。

■青赤緑チェンジザ覇道

デッキを選択した理由ですが

①赤があるから全体除去を積みやすい
(ブランドに大分寄せやすい気がした。)

②ソーナンデス+ドンジャングルがあれば
ハードラックorサイコロプス以外で負けない
(積まれてなければ100%負けない。)

③デスザークは少ない

④サッヴァークは殆ど諦めた

これだけです。メタゲームの印象はブランドが
最大母数でブランドが中心という判断ですから
この考えは間違いでは無かったと考えています。
根本が間違っていたので間違いでしたが。
覇道だけを回し続けて最終的なリストがこれ。

f:id:YuunagiUnagi:20181009191342j:plain

後1t(6マナ圏内)欲しいが多かったので1tの
延命をなるべく意識したかったのですが
フェアリートラップなどのカードや7コストを
制限するラッキーナンバーは抜けたり減ったりして
この形に落ち着きました。

①赤

ゴゴゴ超絶rushを採用しました。
2▶4で手打ち出来るのもハードラックと違って
気に入ったのと覇道捨てて7/1/1/1を除去出来た時は
上手くはまって良かったと安心しました。
GWD2枚は大分悩みましたがデスザークも
少なさそうですし2▶4以外だとあんまり
出す機会も無いかな?と妥協してしまいました。
3以上欲しいとは思わなかったので助かりました。

②青

最初単体除去のカードを嫌って吸い込むを全て
ラッキーナンバーに振っていたんですが
どちらかというと覇道/ソーナンデス/ジャングルの
赤/緑のパワーカードを探しにいけて除去も
出来ちゃうって役割として考えるべきだと
助言をいただいたので吸い込むをもう一度採用。
結果的には大正解で本当に良かったです。

③緑

ソーナンデス+ドンジャングルのおかげで
緑を入れるとデッキパワーが低くなるという
デメリットが軽減されました。
それでもブースト枚数には悩み続けたのと
フェアリートラップなどのブーストトリガーが
あると除去トリガーが単体やクロックだけだとしても
6に繋がるんじゃないかと淡い期待もありました。
「弱いよこれ」で目を覚まして抜きました。
ブースト枚数も2コスト8枚に決めました。
ただブースト7以下のリストもたくさん見たので
色んなブログとか記事読んでみたいです。

多色はシャワーだけなので割愛。

試合内容は3時頃載せた通りです。
2回戦で1番当たりたくなかったデスザークに負け
3回戦はブランド仕方の無い負け。
8回戦でいるとは思わなかったグスタフに当たり
予選落ちしてしまいました。

それでもGP個人で最後まで試合出来たのは
初めてだったので少しだけ前進出来ました。
今回の問題点は完全に不利対面を諦める
デッキ選択をしてしまった事。
次はエリアで結果を出せるよう頑張ります。
去年はモチベーションと自信を失くし
優勝者のデッキをコピーさせてもらったのに
改悪版を作り上げ惨敗だったので後悔しないような
アーキタイプとリストを選択出来ればと思います。

対戦してくださった皆様
関わってくださった皆様
応援してくださった皆様

本当にありがとうございました。