4h1b雑記

r212さんという方がツイートしてて最初は画像しか
見てなかったせいで、当時こんなんだったかみたいな
話ばかりしてたんですけど、4h1bの文字を見てこれ
面白そうだなって思って色々考えたのでまとめ。
許可取っていないのでご本人のツイートを確認して
いただければと思います。

お互い相手の1個のアーキタイプ封じて残り3つで
BO5やろうねっていう話です。

▫各アーキタイプの印象

①ドロマー

1番目を引くのはスケルトバイス。それぞれの
リストを見てもこいつ1発撃てるか撃てないかの
差は大きい。ミカドが入っていない事とキルが1しか
採用されていない関係でドラヴィタ▶キル×2の
バイスホールで次ターンラストを乗っけるスーパー
王道パターンが存在しない関係から8枚の次元呪文を
どうやって使っていくかがポイント。

※当時はアンタ×2▶バイスキルヤヌスが王道でした。
失礼致しました(´×ω×`)

てきとーに撃って相手に返されると平気でLO負けする
ぐらいにはパワーカードの少なさが目立つので、後述するアーキタイプ以外には平気で負ける。
ブン回りからのラスト狙いが1番強そう。

第一印象で筆頭BAN候補。

②黒緑ウィニー

茄子4のパワーが本当に凄い。ベルギスがわざと
採用されていないのかどうかは分からないけど
このままでも十分すぎるリストになっている印象。
ドロマー側に4tミカドガンヴィートが存在しない事も
相当な追い風になってて現在の筆頭BAN候補。

③ネクラ

一緒に話をしていた人間の第一声がこのネクラの
リストめちゃくちゃ弱くないか?だったけど個人的に
黒緑の次に最強のアーキタイプ。ハッスルがこの
アーキタイプの中だと本当に強いカードな上に
ソルハバキ、デバウラと優秀なカードが白で採用されている関係から、バイスとガードを複数回撃てる。

当時採用されていなかったであろうヤミノサザンが
相手のキルアンタやマッドの小型をガンガン焼き
黒緑にもワンチャンを作れると非常に優秀。
唯一最後に盾のお祈りを出来るという面でも好き。
ハッスルを引けないとボロボロだが1枚でも引ければ
良いという気軽な感じがゲームを諦めなくて済む。
後このリーフストーム2がいやらしくて本当に良い。

④マッドロマノフ

4種アーキタイプの中で1番弱いアーキタイプだと
思っててドロマーかこいつのどっちかが一生残って
ゲームに負けるイメージ。ドロマー側はマッドに
勝てそうなので結局如何にマッドが早く抜けれるかの
ゲームになっている印象が強い。シューティングホールのバリューが異常に低く、変なタイミングのマッドで強いカードがバイスホールしか無いなど相手事故+こっちブン回り以外で勝てなさそう。
変にトゥモロー狙うよりはペチ殴りかましてイダを
着地させた方が良さそうなので、実質イダビート。
唯一キルが2採用されているがラストの採用がない。

▫各アーキタイプBAN考察

①ドロマー

リスト的には決して強くは無いがアヴァ+ライトで
事故の確率は低くなっている事とタッチリセットを
撃ちながら平然とリソースを確保出来るので、勝てそうだったのに引きが強くて負けるゲームが多発しそうなので個人的にはBANでも良いかなって感じ。

②黒緑ウィニー

殆どの人がこいつのBANを推奨するけど、マッドが抜ける可能性が1番高いアーキタイプなので個人的には
BAN非推奨。いや実際黒緑にも勝てないぐらいに
マッドは弱いんじゃないかと思うけども。

③ネクラ

黒緑以外で1番強そうなアーキタイプなので
黒緑をBANしない時の第2BAN候補になりやすい。
お互いが黒緑をBANした時にどっちがネクラ以外を
抜けさせるかに全てがかかっている。

④マッドロマノフ

殆どの人が最後の5戦目でマッドvsマッドをやる
レベルなんじゃないかと思うのでBANは無い。
黒緑にはSBオチャで捲れる可能性があるので
黒緑をBANしない時にはひたすら当たることを願い
抜ける事を切望する戦いになる。

▫やった感想

やっぱりマッドが弱い

第82回デッキィCS

相も変わらずネバーをブン回そうのコーナー

▫予選

1回戦 赤青GR 〇

ループパーツ引かなくてグダグダしながら
山固定のループまで入って無限ネオンクスに
辿り着く所で時間切れ。投了いただいた。

2回戦 青白緑チェンジザ ×

シェイパーからブライゼが落ちて目的が盾に
埋まってチャフと逆瀧使われてLO。

3回戦 青赤緑バーンメア ×

相手シャッフ4宣言をネバートリガーから
セイントカイザーで返すもトリガー無くて負け。

4回戦 青黒赤緑デイヤー 〇

ループパーツが盾落ち。山固定のループは出来たので
ナンバー4宣言を続けた所で相手が盾を殴る。
ループ入るところで時間が切れて投了貰った。

5回戦 5cキューブ ×

ボーナスを耐えドラゴ大王を耐えネバーが光魂かで
勝ちだったけどトリガーは無くて負け。

6回戦 青黒赤緑デイヤー ×

サイクリカとWAVEが引けなくてナンバーが
撃てなくなったところでしっかりループで負け。

2-4ボコボコ。残念な負け方が多くて辛い。
シャッフ4必要かなーとか言ってたんだけど
正直それは今の所必要無さそうです。墓地が増えると
思ってたら周りの墓地の評価は強いけど~みたいな
感じで止まってて実際そんなに多くない。
優勝してるのは墓地だったから結果的には…って
所もあったけどもうちょい色んなアーキタイプ
触れてみてちゃんと考えないとどんどん養分になる。

今ネバーしか持ってない俺が悪い!

第40回長岡CS

サポート通らなかったけどブログだけは書こう。
使用はこれしか相変わらずネバー。
ボンさんに色々と教えていただいて感謝しかない。

メタゲームとしてはそろそろ新潟にゼーロンが
参入しても良いだろうというところでした。
デイヤーを回す時間が取れなかったのでシャラップが
どれほど環境に突き刺さるか分かりませんでしたが
間接的にネバーの呪文使い回しが阻害されてて
バーンメアのシャッフほどまでは嫌ではないけども…
といった感じ。使用感聞くの忘れてた。

▫予選

1回戦 赤単B-我 〇

無限耐久で投了貰った。

2回戦 5cキューブ 〇

ボーラスとデルフィン出なくて無事セーフ。ループ〆

3回戦 赤黒墓地ソース 〇

無限耐久からループで〆

4回戦 青赤緑バーンメア 〇

無限耐久とナンバー使い回し。ループ入る所で
時間切れたけど相手に投了いただいて感謝。

5回戦 青赤緑バーンメア ×

ナンバーをナンバーで返されシャッフ。
フィニッシュされる時ナンバーとシャッフの
宣言ミスってくれたけど盾から来なくて負け。

6回戦 青黒赤緑デイヤー ×

ナンバー盾落ちランハンシェイパー落ちて負け。

虚無の予選通過

▫本戦

1回戦 赤黒墓地ソース 〇

無限耐久からループ入る所で投了貰った。

2回戦 青赤緑バーンメア ×

ナンバー使い回せそうだし勝った~♪とか
思ってたらシャラップでナンバーが逝く。
出てきたシャッフを処理も出来てナンバー再び
引けて勝った~♪とか思ってたらシャラップから
シャッフが落ちてくる。マナに最初の方に置かれた
ネイチャーを見てしっかり考えられてる!と
思った頃には盤面めちゃくちゃになってて負け。

虚無の8終わり。俺のプーンギはどこ。

真面目な話をするとツイートでシャッフが弱くなる
世界線は一生来ないとか言ってたんですけど
デイヤー出たり墓地出たり。んでネイチャー出たり。
面白くなさそうな環境だなとか思ったけど意外と
メタゲームは動いてくれてて嬉しい。

前のゼーロンもキルスピードは速いけどそこまで
ぶっちぎり強いかって言われたらそうでもなかったし
なんならやられたらしゃあないで皆のメタゲームから
切られてたじゃないですか。明確に意識するような
アーキタイプになってくれたってだけで満足です。

バーンメアがイメージ的にメタゲームの中では
影響を受けづらいような一定母数いるイメージは
あるからそこだけ何とかしないとね。
ヴァイカーも出てきたしナンバーで止めても
ネイチャーから出たりするからこっちがシャッフ
最大枚数採ることとかも考えないとなんかな。

第81回デッキィCS

俺はプーンギとVANが欲しい!!
ミッツァイル全盛期を逃げ続けていましたが
殿堂のタイミングでナウオアネバーを揃えたので
元旦からやる事も無かったのでCSに出ました。
リストは赤白にビビって(カードも足りなくて)
結果的にアーキタイプとして弱いリストに。

▫予選

1回戦 緑単ネイチャー 〇

オーロラもネイチャーも怖すぎてシャッフ5
返しに無限2ドローからフィニッシュパーツ引けて〆

2回戦 青赤緑ジョーカーズ ×

シャッフ2体を場に出してくれたので返しシャッフ4
チョイスホーリーエンドなどから遅延していた所で
シェイパー撃ったらループパーツ墓地で発狂。
殴りきるプランを取ることを強いられたので
ナンバー6宣言+シャッフ4で返したらネイチャーから
盤面めちゃくちゃ並び始める。ナンバー宣言ミス。
バーンメアとエモG意識しすぎたかもしれん。
殴って来た所で盾に耐えるカードあったけど
時間が切れてしまい、両者敗北意味無し即投了。
やっててもふつーに負けてただろう。

3回戦 白単サバキZ 〇

憤怒▶転生▶サバキZから絶十▶トライガードから
達閃が立つ。ループに入る事が難しくなったと
思ったらナンバーナイン。ただ相手がひたすらに
自分の盾を減らし続けていたのでチョイスホーリーエンドでワンチャン作る。途中ニャミバウンが
トリガーしていったのでルーダバウンスから
再びチョイス埋め。相手殴った所でチョイスから
ホーリーエンド。シャッフ6宣言で殴って勝ち。

4回戦 4C(黒抜)チェンジザ? ×

ミクセルではなくチャフだったので生還…
と思っていたらネバー引けなくて負け。

5回戦 青魔導具 ×

ガリュミーズ▶ヴォルガル3+ガリュ1が出る。
だいこんぐメタられてて悶絶。
盾からトリガー来たので無限2ドローに入って
最後のネバーからシャッフ8宣言。
奇跡的にニャミバウンもトリガーしてくれて
ガリュザークを退かす事に成功する。
2枚目の新世壊があったので再びガリュミーズ負け。
というか採用していないカードがあって構築負けも
凄くあってめちゃくちゃ後悔。

6回戦 青魔導具 〇

相手がデイヤー+ガリュミーズしてきたので
ルーダから無限耐久に入って返しにパーツあるから
無限2ドロー。フィニッシュパーツ引けて〆

3-3で新年1発目を終えました。
ひたすらに構築負けしてるな…というのが感想。
長岡はしっかり完成されたリストと円滑な証明が
出来るように今から回していきます。

2019反省会

今年の大体のシーズンが終わりました。
新卒で入社したゴミのような会社を倒産を機に
退職して土日祝休の会社で働けるようになり
ちょこちょことCSと全ての公式大会に参加。
今回は公式大会で思った事をまとめて反省します。

①GP8th

2ブロックだけ本気の本気で調整しました。
この時に一緒に調整してくれた皆、最後まで
同じアーキタイプを信じて突っ走った皆。
本当にありがとうございました。

▫反省

冗談抜きで4月にして今年最後のウィニーが最大母数だと視野に入れて調整した結果、赤白ブランドに
勝つという目標を無理矢理赤青覇道で実践しようと
するような結果になりました。調整環境が人も
時間も全て整っていたのにも関わらず大敗。
しかも負けたのは視野に入れていたブランド。

大人数の調整は今回が初めてだったので意見が
上手く噛み合ったり話し合いを大事にしたり
何よりもとにかく試行回数を増やす事が出来たのは
本当に良かったと思います。でも全員が同じ方向を
見過ぎて選択肢を切る事が凄く多くなりました。
GP9thまでこの大人数の調整はありませんでしたが
今シーズンの公式大会における調整方法の
核になれる大会だったんじゃないかなと思います。

通常は赤白使って3-3しました。
メメントにひたすらカモられ養分の名を
欲しいままにしたような結果となりました。

②超CSⅢ

PM以来の予選通過だったので8年ぶりでした。
結果は64で終わり。
でもまだ頑張りたいなって思える結果でした。

▫反省

通常環境の把握がまったく出来ていない事と
グループによる調整は殆どありませんでした。
リシアCSに参加してなかったら終わりでしたね。
予選通過という1番大きな結果を出せた大会でしたが
調整としては全大会で最も不足していました。
ここから、公式大会のタイミングだけで調整を
開始しても情報不足で確実に後手に回る事を
再認識しました。

③GP9th

6-2予選落でめちゃくちゃ落ち込んだ日です。

▫反省

個人的なテーマとしてはとにかくアイデア
出して皆に見せていく事でしたが、本当に見せるだけで終わっていたので皆がそれが本当に強いのかを
認識させる事が全くと言っていいほど出来ない大会に
なってしまいました。

最終的には全員が納得出来るアーキタイプ
選択出来ていたので後悔はありませんでしたが
どうもシータミッツァイルが公開されてからの
混乱した感じが凄かったです。
まだ見ぬ存在するかも分からないような
アーキタイプに心を奪われ自分達のアーキタイプ
選択や採用カードに対して精神的に不安になる事が
あったのでしっかり時間使って調整した事を
認識しながら大会に参加する必要があるなー
なんて思ってたりもしました。

ここからアイデアを実際に見せる必要がある事から
Vaultだけではなく現実の紙でも調整を実践する事を
意識することになりました。GP8thの反省点であった
全員が同じ方向を向いてしまうという事だけは
ちゃんと改善して別々に調整分担を決めていたので
そこは良かったと思います。

④北陸代表エリア決定戦

1-5大敗

▫反省

他人との調整時間が少なくなったのは個々人に
事情が存在するので問題点としてあげるのは
間違いだと考えています。GP9thで反省した
実際に組んでそれを現実で見せる事を自分は
中途半端な形でしか行えなかったのが1番の
反省点では無いのかなと考えています。
しかも、その見せたのは赤単バルガ。変な不安だけ
同行メンバーに植え付けてしまうような事になり
余計な印象付けを行ってしまったと思います。

そして赤青ミッツァイルは間違いなく同行者で
1番回していたはずなのに自分の考えに不安に
なりすぎてしまうなど、全国への最後のチャンスだと
言うことが余計なプレッシャーになったりなど
大会に参加する上で余計な物を背負いすぎました。
この赤青ミッツァイルを1番見せる必要があったのに
同行メンバーにリストを共有したのは大会当日の
朝4時ぐらい。どうしようもない事してます。
個人的にエリアだけはGPと違う感覚を
持っていました。128に入る、8に入る、3位以内に
入る。エリアはこれが無くて自分の優勝以外は
全国に行くチャンスはありません。少し皆には
悪いけど自分勝手になろうと思いました。
でもそれが悪い方向に進んでいます。大失敗です。

去年の公式大会でも、今年の公式大会でも出来ていた
チームによる調整の結果を何故エリアで全て捨てたのかは分かりません。自分だけが勝てば良いといった
考えが逆に自分の首を絞めていました。
皆がちゃんと考えを持っていて、今回たまたま
エリアがばらけたり私生活が忙しい事はちゃんと
分かっていたのにも関わらず土壇場で全部無くして
情けないなという気持ちだけが今も残ってます。


▫最後に

来年も私事と家庭の事情でランキングは走れません。
でも公式大会だけは全部参加したいと思います。
来年こそは調整グループや一緒に調整してくれた
人達が全国に出場出来るような事があればなと。
もちろん自分自身も出場出来ればなと思います。
多分殆どエリアに全てを注ぐような結果には
なると思いますが頑張ります。

今年関わっていただいた全ての方に改めて感謝。
来年もよろしくお願い致します。

北陸エリア代表決定戦/赤青ミッツァイル/調整

f:id:YuunagiUnagi:20191124222701j:plain

11/23に北陸エリア代表決定戦が開催されました。
戦績は人生2度目の1-5でメンタルぶっ壊れ。
リストを渡した身内が4位になっていなかったら
相当引きずりながら帰路についたと思います。

今回も出来るだけ時間はかけて回したので
しっかり書いていこうと思います。

▫準備

主に調整グループの4~5人で準備。
今回の個人的なテーマは「最適なリストの作成」

北陸エリアを選んだ理由ですが、初回なので
メタゲームの理解が進んでいない可能性から
多様なアーキタイプと対戦することを考え
まずは強いアーキタイプを理解する事。
そこからそのアーキタイプの最適解を持つ事。
今まで初回のエリア戦を体験した事が無く
基本的にはメタゲームが維持されるのか多少の
変化が起きるのかでアーキタイプの選択を
していたので、そこに縛られないのは魅力でした。

▫調整開始時のメタゲームの考え方

「ミッツァイルが強い」

理解度はこれぐらい浅い状態でした。
取り敢えず2ブロックの入賞リストを見ると
メタカードであるラッキーナンバーを使用する
アーキタイプはそれなりに勝っている。
今回で言うと青黒ハンデス辺りです。

という事でミッツァイルに勝てるアーキタイプ
探しつつもしっかりミッツァイルを採用した
アーキタイプも調整する事を意識しました。

▫調整~初期~

BOXの新規はちょこちょこ出ている状態です。

まず2ブロックってどんなアーキタイプがあるかと
言うのを書き出していく事にしました。
この時に出てきたのは以下のアーキタイプ

▫赤青ミッツァイル
▫シータミッツァイル(t白andJ含)
▫赤白ミッツァイル
▫青魔導具
▫赤単バルガライザー
▫青黒ハンデス
▫赤青覇道
▫白単サバキZ
▫黒単オーラ
▫バラギアラ
▫青緑ジョラゴン
▫トリガービート

ここからまずは赤単バルガから触る事に。
白入りのシータミッツァイルと回してみました。

f:id:YuunagiUnagi:20191124223825j:plain

※3tフレアバルガを投げた時

俺「ごめん皆もう結論出たわ。」

バルガから繋がれば勝てるし捲れなければ
その時点で負ける。
OGUが強いかどうかで少し話し合いになったので
多分これは同型を見る役割の方が強いけど
赤で染めたいなーということでゴーワンを
積むことにしました。同行者の1人が殆ど調整を
せずにいましたが引きが強いっていうのが
僕らの評判だったので1人にはこのリストを
使ってもらう事にしました。

▫赤単バルガライザー(北陸エリア4位)
f:id:YuunagiUnagi:20191124224240j:plain

f:id:YuunagiUnagi:20191125180246j:plain

ハジケロ4ってどうなのよ?と指摘はされましたが
バルガから捲れる母数増やしたいって言ったら
皆受け入れてくれたのでこのままになってます。
GRはマシンガントークを採用しています。

基本的に横並びのプランが取れなければ
3tフレアバルガでお祈りをするので対話が無い。
ここから赤単が何に不利なのか相性確認。

▫vs赤青ミッツァイル

相手も早いタイミングで動くので横並びで
悠長に待っていると負ける。3tフレアバルガからの
運ゲーの要求が他アーキタイプよりも高い。
バルガ側の勝率は40%ちょっと。

▫vsシータミッツァイル

赤青ミッツァイルよりはタイミングが遅い事と
相手がラッキナンバーの宣言で想定することが
多いので宣言から外れてもバルガライザーが
盤面に割と立ちやすい。途中で捲りが弱くても
2コストがちょこちょこ並ぶだけで相手は
盤面を処理しきれないのでバライフからの
ゼンノー以外にはバルガ側が対応出来る。

▫赤白ミッツァイル

バックラのキャスト率にもよるがフレア末法など
メタクリをどかしながらバルガに繋がったり
ゴーワンがメタクリを処理したりするので
48回試行してみて36-12でバルガライザーが勝ち。

▫青黒ハンデス

横並びのプランを取りづらい代わりに結局
3tフレアバルガでテックが絡まないと負ける。
バルガ側後攻の時に審問を撃ったら逆に
2コスト抜いたせいでバルガ側が手札を1枚
消費する必要が無くなってしまうなどが起こり
ハンデスで抜けるか抜けないか。抜けなかった時に
相手の捲りが強いかどうかみたいなゲームが
多かったので試行回数の記録は忘れてしまったが
その時言葉で出たのは60%あるかどうかぐらい。

▫青魔導具

1番踏むか踏まないか勝負。唯一バルガ側の
捲りが強くてもひっくり返せる気がした。

不利っぽい赤青ミッツァイルにも40%ちょいなら
赤単は第1候補なんじゃない?という話も出ました。
ただ、本戦では1度も負けが許されない事と
この対面勝率って有利不利で出る勝率じゃなくて
単純にこっちが捲れるか捲れないかで出てる
勝率だろということで僕は否定的でした。

ここで一旦赤単の調整を中止して青黒ハンデス
相性を確認することにしました。

▫調整~中期~ ミッツァイル以外

青黒ハンデスの調整に移行する前にオーラだけ
触ろうってなったんですけどあのヴォガイガみたいな
やつBOXじゃなくて新弾だったので没でした。
体感シータに全然勝てなくて赤青に少しだけは
勝てるみたいな所で終了しました。

▫青黒ハンデス
f:id:YuunagiUnagi:20191124230003j:plain

リストはかなり甘い気がします。Codeとかも
採用してたんですけど全然使わないからって
不採用になりました。以下相性に対して記載。

▫赤青ミッツァイル

初期の頃はザパンプを採用していた関係からか
赤青に対してはガンガン取れる。ただここに
スッポンジトムが採用され始めてから3t目に
トルネードされてペチペチ殴られてウォーターを
盤面の処理に使ってしまう事が多くなる。
ハンドを枯らしてもトップのミッツァイルから
また殴られ始め、不利では無さそうだがペチ負けが
多すぎてわざわざ使う意味が無さそうと判断。

▫シータミッツァイル

試行回数は20回程度。まったく勝てない。
ナンバーを連打してウェイブが出て~っていう
理想的なムーブを常に続ける必要があり
先にこっちのリソースが尽きることもしばしば。
相手は天啓からバンバン回復する事もあったり。

▫赤単バルガライザー

※赤単の相性記載を参考にしてください。

「青黒ハンデス弱いよこれ。」
誰かが言った時に自分達は調整をやめました。
返してもそこからこっちの盤面に出来ないし
赤採用してクローシスにするか白積んで
フィニッシュカード探すかという話には
なりましたが、赤にしても白にしても
そのパワーカード以外採用できる枠は無いし
何よりも時間が無いという事で
ハンデスの調整はこの時点で終了しました。

加えてミッツァイルを除いたアーキタイプの調整は
上記2種以外は殆ど回すこともなく終了しました。
ミッツァイルに勝てなさそうやん!みたいな考えが
良くなかったと思いますが時間も足りませんでした。

▫青魔導具
f:id:YuunagiUnagi:20191125071420j:plain

取り敢えず耐えて耐えてデイヤーでワン狙う
イメージを強めたけどちょっと回してボツ。

▫調整~中期~ 各種ミッツァイル

並行して触っていたミッツァイルですが
シータは他メンバーに任せて自分はひたすらに
赤青と赤白のミッツァイルを触っていました。
シータに関してはループ型とJ型のリスト作成が
永遠と続いていたのでここでは記載しません。
赤青と赤白の記載だけします。

▫赤青ミッツァイル

ヤッタレマン採用のリストが出てきたので
ここだけずっと回していました。スコーラーや
マキシマムの代わりに採用出来るカードが無いので
フィニッシュがミッツァイル単体の突撃に
依存していた事から物凄く不安な状態だったので
使用候補から外す流れが出ていました。

▫赤白ミッツァイル

通常のサプライズホールがタップするGR呪文に
変わっているぐらいで殆ど既存のリストと
代わりがないということで第1候補にこの時点では
なっていましたがシータミッツァイルにあまりにも
勝率が悪い。バックラを毎回引かれているからとか
そういう問題じゃないだろうという事もあり
展開を重視してミッツァイルで突っ込む方に
寄せていくことを考えて回していました。

▫赤白ミッツァイル(構想段階)
f:id:YuunagiUnagi:20191125071538j:plain

当時の第1候補。

▫赤白メタリカミッツァイルf:id:YuunagiUnagi:20191124231633j:plain

見たら分かるんですけど、もう何したいか分からん。
最初の通常構築の時に近い方が強かったかなと
思った所でこのアーキタイプの調整は中止しました。

そしてエリア1週間前、僕は2ブロックに時間を
割きたいと思わなくなってしまいました。
どこまでいってもブン回りで負けだしあまりにも
くだらないと思う要素が増え続けていると
文句だけ言い始めます。そしてそんな中で
ダンダルダの情報を確認しました。

▫調整~後期~

赤青ミッツァイルにラッキナンバーが採用出来ると
1人で興奮し始め急いで調整を再開。
ここからどのアーキタイプにも勝てるような
リストにしていきたいと考え始めた時に
チラつくのは初期から使用候補となりつつも
そのあまりにもプレイの介入の無さに敬遠した
赤単バルガ。このアーキタイプだけは捲りが
強かったとしても負けたくないとなって
受けのカードを模索し始め、ザパンプ型から
採用していたパーフェクトウォーターを復活。

▫赤青ミッツァイル(ザパンプ発表後)
f:id:YuunagiUnagi:20191125181512j:plain

青黒ハンデスにまったく勝てなくて没。
元々は赤単バルガの後攻2コスをザパンプからの
ウォーターで戻せばもう1t貰えるやんみたいな感じ。

▫赤青ミッツァイル(直前)
f:id:YuunagiUnagi:20191124232355j:plain

対面を見た瞬間にルーターを2回撃つプレイに
切り替えてウォーターを待つ。ダンダルダを
採用する事によってナンバーもウォーターも
マグナも何でも撃ててハンデスは中期の頃に
分かっていたスッポンジトムで補う。
赤白のメタクリも赤単の大型システムも
ウォーターで戻してこっちが決めきる。

これが1番強いリストだ…と力尽きた3日前に
回していた時に考えていた懸念点を指摘されます。
「これナンバーとウォーターかなり埋めない?」
まあナンバーは埋まっても良いと思っていたんですが
ウォーターだけは確かに埋めたくないカードです。
最大枚数を使用出来なくてなおかつ受けにしか
使わないカード。これを無理に採用する必要は
ないんじゃないかという意見になったので
官兵衛に切り替え、ジョー星からのミッツァイル
着地を目指す方に最終的に切り替えました。

▫赤青ミッツァイル(使用リスト)
f:id:YuunagiUnagi:20191124233157j:plain

※ミッツァイルは4枚採用しています。

GRはショッカー2枚を推されシャッターを切る事に
懸念はありましたが、なんだかんだ綺麗な
リストになったのでエリア戦に臨む事に。

シータミッツァイルは最後まで身内に任せましたが
既存のシータはJシータに対してマグナの採用枚数
などの事から勝ちやすいと言っていたので
リストは殆ど変わらずにループ型にしてました。

▫北陸エリア代表決定戦

1回戦 青赤緑Jミッツァイル ×

緑を置いた状態でハナコを出されなんだこの
リスト!?ってなった所でナンバーから
1t遅延される。首傾げててナンバー無さそうだし
次のターンで勝ちか…と思っていた所で
マグナ。マリゴルドとパッパラが捲れてしまい
マナドライブ6からバングリッド。マナから
ミッツァイルが降臨して殴られて負け。

2回戦 青黒ハンデス ×

審問ブレタブレタ。スッポンジトムが立ったので
回復出来るーと思ってた所に相手もブレタを
空撃ち。なんとかなるか…と思ったらイグゾーストが
2回トップしそこからウェイブナンバーゲオルグ
立って来たので盤面ぶっ飛んでそのまま負け。

3回戦 赤白ミッツァイル ○

ゼリー、トム、官兵衛ジョー星からミッツァイル。
ショッカーで3コストを戻しながらアタックしたら
仰ぎで全部止まる。相手がショッカーの効果を
忘れててミッツァイル出した時に上からは
ソニーソニック。返しにショッカー3指定で勝ち。

4回戦 赤単バルガライザー ×

フレアめちゃくちゃ埋めるからラッキーって
思ったら永遠に出続けるこたつむり。
ライザー出てきて捲りが弱いのでターン返るも
ナックル警戒でナンバー3宣言からダンダルダの
マグナでパッパラとシャッターを捲る必要が
出てきて捲れずにそのまま投了。ナンバー撃たないで
マグナ2回撃つ選択もあったのでひよったかも。

5回戦 赤青黒ミッツァイル ×

ブレタブレタからスッポンジトムで10枚ぐらい
カード引いても見えないミッツァイル。
相手リソース尽きてるのに自力でラッキナンバー
3回引かれて最後にウェイブから天啓。
ミッツァイル召喚されたところで投了。

6回戦 赤青ミッツァイル ×

相手のゼリーハナコ官兵衛ジョー星ミッツァイル。
ショッカーで3を戻されこちら何も出来ずに
そのまま相手のミッツァイル2を見届け投了。

▫終わりに

1-5で僕のエリアは終了。
負けた時に別のアーキタイプ使えば良かったとか
もっとこういうリストにすれば良かったとか
考えたりはするんですけど、今回はあまりにも
相手の良い動きへの印象が強すぎて不完全燃焼。

反省点はチューニングのみ実施した事。
既存の構築で回し続けゲーム性を否定するなら
色を増やして回すとかだけでもやるべきでした。

もう1つは僕がシータミッツァイルに時間を
割かなかった事。1番時間がかかる所から
逃げてしまった事が分かります。

なんだかんだ使用者が多かったのも僕らが
弱いと判断していた青黒ハンデス
頭抱えました。ええ。

3tフレアバルガ▶ATブランド▶ATヴァイカーと
やってベスト4を決める身内を見ながら仲間が勝って
嬉しいという気持ちと1-5してる俺はなんなんだと
嫉妬する気持ちで当日は普通に狂ってました。

ミッツァイルが強すぎてどうしようもないわこれと
思う気持ちが無かったとは言いません。
そして赤単バルガライザーというアーキタイプ
かなり初期段階で勝てる部類だというのは
理解していました。

どうしようもないという気持ちが
ちらついていたのにも関わらず赤単バルガライザーを使用しなかったのはバルガからフレアが捲れて
負けた時に正解かも分からない自分の調整時間が
全部無駄になると余計な考えを持ったからです。

…というわけで関東エリアとジャッジエリアに
出場する身内もいるので僕の2ブロックは
まだ終わりません。いや出来る事はあるかは
分からないんですけどね。
今シーズン自分でやれる事は殆ど無いですし
周りが勝ってくれる事が1番今モチベーションが
高まる気がします。応援してえ~

というわけで今回の調整録はここで終わりです。
最後まで呼んでいただいた方がいましたら
ありがとうございました。
今後エリア戦を控えた方々の調整材料に少しでも
なってれば良いなと考えています。

最後になりますが、今回のエリア戦で関わって
いただいた全ての皆様に御礼申し上げます。
有難う御座いました。

第35回長岡CS/第75回デッキィCS

先週書くの忘れてた。

先週は赤青ミッツァイルが流行り始めた時で
今週は赤青ミッツァイルで溢れてきた時
…って予想してたら実際はシータがたくさんと
赤青へのメタは赤白サンマックス。それをメタる
ダムドが冷えてて変なメタの回り方。

▫第35回長岡CS

使用は赤単。赤青ミッツァイルにどんなもんなのか
Vaultも出来なかったので1500円募金。

▫予選

1回戦 青黒緑デッドダムド ○

展開からペチっていったら勝ち

2回戦 青白赤緑ミッツァイル ×

チュチュリスが生き残ったのでダチッコバックラ
ミッツァイルで轟怒か2打点捲れろ~って思ったら
1打点しか捲れずジャスキルになり悶絶。
フルアタックいったらジューサー捲れて投了。

3回戦 赤青ミッツァイル ○

バックラで盤面取ってチクタクミッツァイル罰怒で
フルアタック。行燈どろん踏んで泡吹いたけど
バツトラが降らなかったのでそのまま勝ち。

4回戦 青白黒Vチャロン ×

ハンデスからカレイコチャロンで負け。

5回戦 赤青バスター ×

後攻ワンパンクリメモ。返しにドルガン▶剣で
盤面取られる。1点割られてミッツァイル変換で
クロック踏まなきゃ良いか…と思ったら
バスター3点+ドルガン1点×バルチュリス。死亡。

6回戦 赤緑サンマックス ×

ハキリからヤドックが出てきて悶絶。
サンマックス埋まってるから何が出てもやばいと
思ったけどバックラでヤドック処理しながら
ブランドルートでも勝てそうだなーと返したら
しっかりハムカツ引かれてサンマックス降臨。死。

2-4とボコボコにされた中で気付いたのは2つ

①シータが多い
②赤単は少ない

▫第75回デッキィCS

シータに勝てるならこれで良いじゃん!
殴るデッキも少ないし何とかなるさーと
メルゲループを選択。アーキタイプ選択ミス。

▫予選

1回戦 青黒緑デッドダムド ×

ネイチャーが無くてオーロラためらったら
シャッフ5宣言。盾にメルゲとテイヤーあるの
把握してる中で奇跡信じたらテイヤーだけ無し。
シャッフ2体目も降臨し、詰みだったので投了。

2回戦 赤白サンマックス ×

相手のリリアング銀河ダテングファイアで
盾が後攻2t目に絶望の1枚。投了。

3回戦 赤白サンマックス ○

MANGA打たれて終わった~ってなったら
サンマックス無い状態で1打点×2。返ってきたとこ
早撃で1t遅延して次ターンループ入って勝ち。

4回戦 青赤白バスター? ○

シド3をGWDで処理して無事ループ入って勝ち。

5回戦 青黒緑デッドダムド ○

相手もグダついてて無事ループ入って勝ち。

6回戦 赤白サンマックス ○

早撃から遅延し続けてループ入って勝ち。

4-2でオポゴミ負け。

サンマックス多すぎて全然だったし赤青も
いるんだかいないんだか良く分からず。
赤青以外使う選択肢あんま無さそうだけど
ネイチャー系は環境次第でいつでも強そうなので
しっかり練習していきます。